30代で未経験業に転職したいあなたに3つのポイント教えます!

30代で未経験業に転職したいあなたに3つのポイント教えます!

 

30代で未経験業に転職するのは難しいのか!?
1.採用にあたって30代に求められるもの

 中途採用にあたって、企業が求めるものは年代によって違います。30代であれば、プロとして専門分野を確立し、即戦力となることが前提なことが多いです。

 

 では30代になって、未経験業に転職するのは無謀なことなのでしょうか?本当にチャレンジしたいと思うなら、諦めるべきではありませんよね。ですが、同じ業界・同じ職種への転職よりは難しいことを肝に銘じ、事前の準備が必要です。

 

 

 

2.30代で未経験業への転職を果たすには?

 では、30代から未経験業に転職するために、アピールすべきポイントについて考えてみましょう。

 

 

ここがポイント!

  • どうしてその仕事に就きたいのか、理由が明快である
  •  

  • 仕事を教わるのを待つのではなく、これまでの経験の何が活かせると思うのかを伝える
  •  

  • 足りないスキルを補うために、どんな努力をするつもりかを説明できる

 

 

 自分のやりたいことに向かって、知識や技術を学び、努力する姿勢を伝えることで、あなた自身に魅力を感じてもらうことが、面接突破の第一歩と言えるでしょう。

 

 

3.事前準備が明暗を分ける

 

 未経験業で働くには、転職エージェントに登録し、キャリア相談を受けるなど、自分を客観視して準備をするのもよいでしょう。

 

 また、目指す業界によっては、仕事に活かせる資格を取得したり、パソコンや語学などのスキルを磨いておくことも、未経験業への転職にプラスに作用することがあります。未経験者の自分を採用してもらうには何ができるのか、真剣に考え、具体的にアピールできるようにしておくのが基本です。

 

 

年齢を意識した面接アピールを

 

 とはいえ、30代であれば、実務でのスキルを補えるアピールポイントがあります。それは、協調性や調整力、マネジメントスキルです。

 

 複数の人たちと関わりながら結果を出したプロジェクトがあったり、リーダーの経験があることで、別な部分から会社に役立つことができることを伝えるのも、戦略の一つです。

 

 アシスタントで採用されるわけではないので、一日も早く実務スキルを身につける努力は惜しまず、将来的に会社に役立つ人間力をアピールしましょう。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト