違いを知って正規雇用と非正規雇用をより理解しておきましょう

働く時間と受け取れる賃金

正規雇用は、働く時間が非正規雇用と比べても長目である。よく言われる正規雇用と非正規雇用の違いです。働く時間は短い方がいいと言う人も入れば、長くても構わないという人もいますし、また、企業によっても違いはありますが、正規雇用は残業を強いられることも多いので、非正規雇用よりは長く働かなければならない人が多々出てくるでしょう。

 

その分、正規雇用は多くの賃金を受け取れる傾向があります。これも企業によって違いがありますし、業種・職種によっても変わってくるでしょう。ただ、多くの非正規雇用よりは確実に賃金が高い現実がある。スルーできない違いのはずです。

 

 

非正規雇用の中にも違いが?

非正規雇用という働き方がややこしいのは、この中に幾つもの働き方が存在している点です。よく聞くものだけでも、アルバイト、パート、派遣社員、契約社員、嘱託社員などがあります。在宅ワーカー、臨時社員、日雇い労働者なども非正規雇用に含まれますから、本当に幅が広い。

 

また、それぞれの働き方にも違いがあるため、正規雇用と非正規雇用の違いだけではなく、非正規雇用にもこれだけの違いがあることを認識しておくべきでしょう。

 

正社員登用制度のある非正規雇用も存在しているため、これも他の非正規雇用とは分けてチェックし、転職先候補として検討してもいいのかもしれません。

 

 

多くの転職者が選択するのは?

多くの転職者が目指すのは、正規雇用という働き方のはず。もちろんそれを目指すべきでしょう。しかし、目指したからといってその道に進めるとは限りません。

 

正規雇用と非正規雇用の違い、その現実を知るとどうしても正規雇用に目が行きがちですが、上にもあるように、非正規雇用の中でも正社員登用制度を利用して正規雇用を目指すという手段もありますし、非正規雇用で腕を磨いたり、足りない知識を身に付けてから正規雇用を目指すという道もあるはず。

 

また、女性では非正規雇用として働く人の方が多いという現実もあるため、むしろ正規雇用と非正規雇用の違いの中で非正規雇用のメリットに着目して、それを選択するのもひとつの道なのかもしれません。

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト