ブラック企業に入社しないために

ブラック企業とは

まず、ブラック企業の定義について、まとめておきましょう。

 

ブラック企業とは、労働者に対し、尋常じゃない長時間労働やノルマを与えて酷使・選別し、耐え抜いた社員だけを重用し、落伍した社員を退職に追い込んで使い捨てにする企業のことを指します。逆に、辞めたいけど辞めさせてくれない、こうしたブラック企業も存在しています。

 

また、業務内容や労働環境が法律に違反している場合もブラック企業と呼ばれることがあります。特に労働基準法に違反し、残業手当や休日出勤手当などを支払わない、有給休暇を申請したのにもかかわらず一切認めてくれないなどの問題がある企業をブラック企業と呼ぶことが多いようです。

 

若者の雇用格差が広がる中、企業が採用で圧倒的に優位であることから、こうした社会問題が起こりました。

 

 

ブラック企業に応募しないために

ブラック企業の退職の方法は解雇ではなく、パワハラやセクハラ、シフトなどの嫌がらせなど、自主退職したくなるように追い込むので、入社後の離職率の高さを調べると、簡単に予測することができます。

 

また、常に大量採用をしている企業の中に、ブラック企業が紛れ込んでいることが多いです。企業情報を読んだときに、若い役職者が多かったり、結果によって昇給や昇格が早期で叶うことを強調している場合は、ブラック企業である可能性を否定できません。

 

ブラック企業かどうかは、インターネット検索をかけると情報収集しやすいので、企業研究と並行して、調べておくことをおすすめします。また、新卒者の離職率、社員の平均の在籍期間などもチェックすると、社員の定着率の高さを予測できます。

 

 

応募してしまってもまだ大丈夫

ブラック企業とは気付かず応募してしまっても、まだ大丈夫です。入社さえしなければいいわけですから、応募後にそれを回避する術も知っておきましょう。

 

面接を受けた時、相手がどのような対応をしてきたのか、あるいはどのような場所で面接を行ったのかでもブラック企業か否かを見分けることが可能です。面接官の態度が悪い場合には要注意。どこかこちらを見下すような態度をされたと感じたら、入社は避けるべきでしょう。

 

クリエイター系ではないのに非常にラフな格好をしている、あるいは高級ブランドのスーツや腕時計などを身に纏っている面接官がいる企業も怪しむべきかもしれません。

 

本社や支社とは全く別の、例えばホテルやイベント施設のホールなどを借りて面接を行っている企業もブラック企業の可能性大。また、面接の場で何かしらの契約書(内定契約書や雇用契約書など)を書かせようとする企業も非常に危険。この場合には書類を一度持ち帰るようにしてください。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト