大きな助けとなるスカウト機能

30代が適正となるスカウト機能

 

 転職サイトの一部にはスカウト機能というものがあり、これはサイトに情報入力して登録しておけばその情報に目を引いた企業がその人を雇おうと、スカウトすることを持ちかけるというものです。

 

 スカウトするのは企業ばかりではなく、転職エージェントのキャリアコンサルタントというサイトも増えてきました。このスカウト機能も多様化し、転職希望者にとっては非常に有用なものとなってきていると言えるでしょう。

 

 自分が就職するために応募するのではなく、逆に企業が就いて欲しいから応募するというような形が、一般的な転職サイトとは異なるところ。相手からのアプローチであるため、その雇用条件は相手のことを考えたものであり、いい条件であることが多いと言われています。

 

 そしてスカウトの場合は大抵はある程度の能力を持った人間を狙う傾向にあるので、キャリアもある程度積んでまだ将来もある30代は正にスカウトする人材としては適任な世代なのです。30代の転職希望者は必ず使っておかなければいけない、そう言っても良いのかもしれません。

 

スカウト機能を使うべき理由

 

 良い条件を引き出せる可能性があるからこそ使うべきであるスカウト機能。ただ、他にもこの機能を使った方が良い理由があります。「自分の今現在の価値」がわかってしまうのです。

 

 あなたは自分の転職市場における価値というものを把握しているでしょうか。年収で単純に考えられるものではありませんし、役職でも測ることができるものではありません。

 

 年収が良いから、あるいは役職が良いから転職市場価値は高いはずだ、と考えているのであれば、それは単なる井の中の蛙。それが業界内の他の企業などにも通用するとは限りません。

 

 しかし、スカウト機能を使えば、あなたに興味を持った企業からスカウトが来るかもしれないわけですから、それによって市場価値の有無や高低が容易にわかってしまうのです。

 

 価値が低ければ転職を見直したり、転職活動のゴールや目標を下げることも必要になってくるかもしれません。逆に、価値が高ければ、さらに上を目指してもいいでしょう。スカウト機能を使い、あなたの転職活動にその結果を活かしてみてください。大きな助けとなってくれることは間違いないはずです。

 

スカウトされるために

 

 もちろんどんな30代でも企業やキャリアコンサルタントからスカウトされやすいわけではなく、企業に貢献してくれると判断されなければいけません。よってスカウトを狙うのならしっかりと自分の能力を情報入力しておかなければいけません。

 

 応募書類でも書くことになりますが、こうしたところでも自分ができるということを具体的に簡潔に書くことが大切です。見るのは企業なために、その情報が伝わらないと意味がないからです。

 

 ですがもちろんスカウトは自分が受身となる転職活動となります。スカウトが来るかどうかは「運」に任せることにもなるので、これに頼らず他の転職活動もするようにしましょう。

 

 

<関連記事>


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト