体調管理を始めるなら今すぐに!身体と頭の疲れについて知っておこう!

体調管理開始のベストタイミングは20代

20代で転職を目指す人は、社会人になってからそこまで時間も経っていないはず。そんな時だからこそ体調管理に意識を向けておく価値があります。

 

30代や40代になってからでも体調管理をスタートさせること自体に意味はありますが、それまでに不摂生を極めた生活をしていると、いくら体調管理に気を配ってもその効果が出にくくなってしまうでしょう。

 

20代で体調管理を始めておけば長く現役として活躍できますし、急に体調を崩すことも減らしやすくなるため、安定して働き続けることができると考えられます。

 

もちろん、仕事の効率もアップさせられるでしょう。必要な栄養素を摂取していないため頭や身体が働かない、睡眠不足のためにぼーっとしてしまう、運動不足のせいですぐに疲れてしまう、飲み過ぎ食べ過ぎで身体が重たい、ストレスのせいで集中力がもたない…。

 

こうしたことはすべて体調管理不足から起こるものであり、それによって仕事にも悪影響を及ぼします。仕事の効率を下げることにも繋がりますから、出世もしにくくなってしまうでしょう。転職以前の問題です。

 

また、20代で始めることで、体調管理を習慣化させることもできます。年齢を重ねてから体質を変えるのは難しいので、早めに取り組んでおくことをお勧めします。

 

 

身体や頭が疲れるボーダーラインを知っておく

体調管理を始めようと考えている人は、食事や運動、睡眠などに目を向けがちですが、その前に、自分の身体や頭に疲労を感じるボーダーラインを知っておかなければなりません。

 

若い人はこのボーダーラインの見極めが甘く、ついつい無理をして体調を崩してしまうことが多いようです。若い時はそれでも乗り越えていけるのかもしれませんが、年齢を重ねると必ず辛くなります。時を経て自分に跳ね返ってきますから、自分のボーダーラインを正確に把握しておきましょう。

 

次の日に残るアルコールの量、体調が悪いと感じてしまう睡眠時間、胃がもたれてしまう食事の量などをはじめ、仕事の量や、どのような頭の使い方をしたら集中力が切れ、次の日や仕事に悪影響が及んでしまうのか、そのボーダーラインを見極めておくことが体調管理の最初にしておきたいこと。

 

そのラインを知っておけば、「これ以上はダメ」と自分で判断できるようになるので、体調を崩してしまうことを抑えられるはずです。

 

働いていればそのボーダーラインを超えざるを得ないケースも多々出てくると思います。接待やお付き合い、残業や休日出勤などによってボーダーラインを超えたくなくても超えてしまうことがあるのが社会人というもの。

 

しかし、そうなった時にはどのようにカバーすればいいのか、それも合わせて見極めておきましょう。そうすれば回復も早まり、疲れを残さずに仕事や転職活動に打ち込むことができるはずです。

 

 

そもそも異なる身体と頭の疲れ

身体や頭の疲れるボーダーラインを知っておくという話をしましたが、そもそも、身体と頭では疲れ方が異なることも知っておいてください。

 

頭はそれほど疲れていないのに、身体はとても疲れている、ということもしばしばあります。そのギャップが開き過ぎると無理をしてしまい、頭が疲れた時に身体が限界を超えてしまうということも出てきてしまうかもしれません。。

 

そうなると疲労はどんどん蓄積することになり、体調も崩しやすくなってしまうでしょう。身体の疲れを感じること、頭の疲れを感じること、そして、それぞれを分けてボーダーラインを見極めておくと、優れた体調管理を行うことができます。

 

そうしたボーダーラインや、それを超えてしまった時のカバー方法などはメモに残しておくこと。常に目に見えるところに置いておけば、その意識によっても体調管理を行うことができるようになります。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト