転職活動にかかる期間が長くなったり短くなったりするのが20代です

転職活動期間が分かれる20代

若い若くないのボーダーラインを定めるのは難しいところですが、転職市場においては、20代は若い部類に入ります。この20代の転職希望者たちは、転職先が早めに決まる人と、少し時間がかかってしまう人に分かれると言われています。それはなぜなのでしょうか。

 

転職活動にかかる期間が短くて済むのは、やはり若いからでしょう。これからの成長が見込めるため、それを見越して企業も積極的に採用する傾向があるのです。

 

その一方で、なかなか転職先が決まらない人がいるのは、未熟だからではないでしょうか。年齢的なハンデはありませんが、その分、技術等が身に付いておらず、企業が採用をためらうことも少なくないのです。

 

 

早く転職できるから良いわけではありません

転職活動にかかる期間というのは、転職を願う人にとって重要なものなのかもしれません。しかし、早く転職できるからといって、良いというわけではないようです。

 

早い人は、1ヶ月以内での転職も可能ではあります。ただ、1ヶ月以内に転職をした人が全て満足しているかと言えば、そんなことはないのです。転職活動にかかる期間を短くすることにばかり気を取られブラック企業に入社してしまったり、そこまでひどくなくても、経営状態や職場環境の悪い企業に入社してしまったりすることも少なくありません。

 

多くの20代の転職希望者は2ヶ月や3ヶ月といった期間で転職しているので、そこから極端に短い期間で転職しようと考えないこと。重点を置く部分を“転職活動期間”にするべきではないのです。

 

 

なかなか決まらなくても気持ちを保つこと

最初に説明したように、20代の転職活動期間は長くなったり短くなったりする人が極端に出てくるのですが、例え長くなってしまったとしても、気持ちを切らさないようにしましょう。

 

気持ちを切らした時点で終わり。転職活動を続けても、なかなか終わりが見えてこなくなってしまいます。いつかは転職できると信じて作業を続けるしかないのです。全ての応募を初めて応募するくらいの気持ちと熱量で取り組まなければなりません。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト