20代の転職のタイミング

 

転職市場より退職のタイミングを意識する

20代の場合、求人先には事欠かないほど応募可能な求人が多数あります。業界や職種に多少の差はあれど、20代は即戦力というより将来へのポテンシャルを期待して採用されることが多いので、転職市場や業界の動向は、それほど考えなくてよいと思います。

 

むしろ在職中に転職活動を始めようと考えているなら、勤務先の退職のタイミングを考えておくことが大事です。

企業の決算期や繁忙期に引き継ぎ期間が重ならないように配慮したり、後任の採用が必要な場合は退職日を調整するなど、お世話になった企業に礼を尽くすことが大事です。

 

もしこれを怠ってしまうと、なかなか辞めさせてもらえなかったり、転職後にも響くようなトラブルに発展してしまう可能性があるため、気持ち良く、そして遺恨も全くなく転職できるように、気を遣いながらベストなタイミングを見極めていきましょう。

 

 

在籍期間が3年以上かどうかも重要

 

20代で転職する場合、新卒後に始めるなら入社して3年を経過してからの方が書類選考に通過しやすいという現実があります。企業にとって、20代の応募者数がいくら多くても、自社に定着しなければ会社に利益はありません

 

一つの企業に3年勤務した経験があれば、社会人基礎力が身に付き、仕事の流れも理解できていると判断されます。
逆に1つの企業に1年や2年程度しか在籍できないのであれば、「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまうはず。

 

20代で短期間に何度も転職をくり返している時点で、その後の活動はどんどん不利になっていきます。キャリアアップを目指すなら、一つの会社でできるだけ長い期間勤め上げ、スキルや資格の習得などを行いながらタイミングを待つようにしましょう。

 

 

 

昇給や昇進を待ってから転職するのも手

 

転職のタイミングを図る時、昇給や昇進を待ってから本格的に動き出すのもいいかもしれません。20代ですと、会社を辞めずにちょっと頑張ればこうした自分の価値を上げる時期というのはちょくちょく訪れるはず。

 

もし今よりも少しでも給料が上がれば、転職活動中、例えば面接の時などに人事担当者にそれを持ち出し給料の交渉をすることが可能となります。転職後すぐに設定される給料も満足のいくものになる可能性が高くなるのではないでしょうか。

 

昇進も同様です。人事担当者は前の会社でどのような役割を担っていたのかを気にし、待遇を決定する時にもそれを重視する傾向があります。もし現在の会社で昇進の可能性があるなら、そのタイミングを待ってみる価値は大いにあるでしょう。

 

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト