20代は転職の目的を明確にしよう!

新卒と転職とでは目的が変わる!

20代で転職を決意した背景には、新卒での仕事探しでは、自分に合った仕事や職場が見つけられなかったという、事実が隠れているはずです。

 

正直なところ、新卒での就職活動は安定性を重視した企業のネームバリューしか見ていなかったり、「働く場所は首都圏エリア」というこだわりで選んでいたり、正社員で雇用されることを目的にしていたりと、「適職を探す」という観点をもたない就職希望者が多いのではないでしょうか。

“やりがいのある仕事を成長性の感じられる企業で”とみんな言いますが、新卒時点では本人の経験値が乏しいので、自分にあわない業界や職種を選んでしまっている可能性大です。

 

ですが、転職を同じ感覚で進めると、何度も職場を転々としたあげくに、キャリアが積めず、年収も上がらないという結果になるのは目に見えています。転職活動は戦略や経験値が必要なのです。

 

まず自己分析や企業研究をしっかりやっていないと、応募書類も満足に書けません。自分の転職市場価値を知っていないと、面接で採用担当につっこまれても入社してから何がやりたいのか?説得力のある言葉で言えないのです。

 

なぜ自分が20代のうちに転職をしたいと考えたのか、その結果転職の目的をどう定めるのかを決めてから、実際の活動計画をたてることをおすすめします。転職は計画性が命とも言われます。

 

 

 

キャリアアップとキャリアチェンジ

20代の転職の目的は、「キャリアアップ」と「キャリアチェンジ」に大別できると思います。20代でなんとか自分が強いジャンルを発見し、それを仕事に結びつけていくことができないと、30代以降も“自分探し”に費やして転職を繰り返し、気が付いたら非正規労働者のまま中高年に突入…ということになりかねません。「キャリアアップ」のために、仕事の規模やレベルアップ、働きやすい職場を探すことも、転職の目的の一つです。

 

どうすれば適職が見つかるのか?という質問は実は答えるのが難しい面もあります。それがよく分からなくて中高年フリーターが増えているという現実もあります。ひとつの解は、自分が好きな作業を見つけてその延長線上の仕事を選ぶことです。子供のころ絵を描くのが好きだったなら、そういう絵を描くセンスを活かせるような職種を探すほうがよいでしょう。

 

実際に仕事に就いたことで、本当にやりたいことを見つけたのなら、20代のうちに思い切って、「キャリアチェンジ」をしておくのも、将来につながります。そうした目的を、まずは明確にしましょう。

 

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト