すんなりと転職したいなら、会社にバレないように活動すること

バレたらこんなことが起こります

 

 転職活動をするなら、会社にバレないように進めていくのが鉄則です。もしバレたら以下のようなことが起こるので注意しましょう。

 

・転職活動に集中できないかもしれません
 上司や会社との関係が悪くなる可能性があり、それに負い目を感じれば、転職活動に集中するのは難しくなるでしょう。

 

・嫌がらせやイジメに発展する可能性もあります
 上司や会社との関係が悪くなれば、当然この可能性が高まるでしょう。仕事を回してもらえない、無視をされる、身に覚えのない罰則を受けるなど、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

 

・転職後にも悪影響が出てくる恐れあり
 もし同じ業界内で転職をするのであれば、特にこの弊害が考えられます。上司が他の企業にあなたの悪い噂を振りまく可能性もあるでしょう。

 

 すんなりと転職するためには、絶対に会社にバレてはいけないのです。

 

 

髪型や服装の変化に注意

 

 ここからは、会社に転職活動がバレないようにするためには、特に何に注意すればいいのかを考えていきます。

 

 髪型や服装、これの変化によって転職活動をしていることが会社にバレてしまう人が多いようです。面接用に髪の毛を整えたり新しいスーツを手に入れたりなど、急に身だしなみに気を使い出すと、それを見て、「あれ?」と思う人がいないとも限りません。

 

 特に私服や作業着で通勤するような会社に勤めている人は注意が必要でしょう。

 

 面接のために身だしなみを整えることは悪くはありませんが、それは面接を受ける前から気にし徐々に変化させていくべき。特に、仕事帰りに面接を受ける時には、社外で着替えるなどし、会社の人にはいつもと変わらない印象を抱かせておくような配慮が求められます。

 

 

SNSやブログでもバラさない

 

 ツイッター、フェイスブック、ブログなど、SNSで自らの情報を発信する人も増えてきていますが、こうしたところにも転職に関する情報は載せない方がいいでしょう。

 

 フェイスブックに関しては本名で利用していると思いますし、ツイッターやブログなど、例え本名は出していないものでも、その内容や更新パターンなどによって既に周りの人には利用者が誰なのかわかっているケースも少なくはないはずです。

 

 そこに例えば、「また面接落ちた」、「早く転職先決めたい!」などと書けば、あなたが転職活動をしていることが会社の人にバレてしまいかねません。そんな間抜けなバレ方はないでしょう。

 

 家族以外には相談もしないし口外もしない、そのつもりで転職活動を進めていけば、会社にバレることなくすんなりと進めていけるはずです。

 

 

 

<関連記事>


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト