30歳の転職はキャリアの棚卸しから始めよう

キャリアの棚卸しが転職成功の鍵

 

 新卒で就職したとき、あるいは20代で転職をしたときには、自分なりにキャリアビジョンを描いて、企業選びをしたことでしょう。30代に入り、若い頃に思い描いていたキャリアビジョンと、実際に自分が歩んできた現実が乖離していることに気付き、転職を考えるひとも少なくありません。

 

 キャリアの棚卸しをすることで、これまで自分が行ってきた仕事内容や役割が明確になるとともに、満足度やモチベーションアップにつながる仕事は何かが見えてきます。

 

 そこに、キャリアアップのヒント、そして転職の方向性を見出すヒントが隠れているのです。この作業なしには転職はできないと考えておいてください。キャリアの棚卸しをしなければ、目標や目的を持ったとしても明確なものにはなりません。自分の過去と冷静に向き合うことができないわけですから当然でしょう。

 

 自分の実力や能力も客観的に把握することができないため、企業へのアピールを的確に行うことも難しくなります。

 

 転職は自分を企業に売り込む作業に成功してこそ実現するわけですから、履歴書、職務経歴書、面接など各ステップでキャリアの棚卸しから得た「ヒント」こそが、その作業で重要な役割を担うことになるのです。

 

キャリアの棚卸しの進め方

 

 キャリアの棚卸しは、自分がこれまで経験した職種・職務とその実績、それらに対する満足度と理由を書くことから始まります。これが、過去の振り返りです。

 

 そして、過去の仕事の満足度が変わる可能性とその理由、将来どんな職種・職務・職位につきたいのか、なぜそう思うのか、それを達成するためにはどうしたら良いかを書き出します。

 

 これが将来のビジョンを明確にすることで、転職理由や転職先を探す指針になります。

 

 キャリアの棚卸しを進める上で重要なことは、客観性と主観性のバランスをしっかりと取ること。これまで経験した職種や職務、その実績などは客観的にそれがわかるように書き出していきます。一方で、満足度などは主観的なものとなり、また、正直な気持ちでなければいけません。

 

 実績などを過大評価し過ぎると、自分の身の丈に合っていない企業に応募してしまったり、応募した企業へのアピールに失敗してしまうことも考えられるため、常に冷静にこの作業を行うことが求められます。

 

30代のキャリアの棚卸しの注意点

 

 自分の仕事の実績を評価し、それをアピールポイントにするのは良いことですが、過去の栄光にとらわれ過ぎるのはマイナスに作用します。

 

 実績をあげた企業内では、過去の実績がものを言い、それが評価となって、自分の裁量でできる仕事が増えるかもしれません。ですが、他社に転職する場合、その実績が経験値として評価されることはあっても、職場ではあくまで新人なので、システムやルールの違いで、必ずしも仕事にすぐ活かせないという事態も起こりえます。

 

 あくまでも実績は過去の経験で、大事なのは未来に通用するノウハウであることを自覚しましょう。

 

 例え過去の実績を過大評価することがなかったとしても、それが未来に活かせないのであれば意味はないということです。キャリアの棚卸し作業は、これまで勤めてきた企業や担ってきた仕事について掘り下げる作業ではあるのですが、これから勤める企業も意識してまとめていかなければ、転職活動に有効なヒントは掴むことができないのかもしれません。

 

 

キャリアの棚卸しシートを活用しよう!

 

 キャリアの棚卸しをするときには、紙に書き出すのが基本です。インターネット検索で、自分が一番書きやすいものを探し、効率よくキャリアの棚卸しを行いましょう!


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト