20代後半で転職活動していたらやはり腰掛けと思われますか。


 いいえ、思われません。20代後半で転職する人は非常に多くみられます。これは女性に関しても同じことが言えます。

 

 なぜ20代後半で転職活動をする人が多いかというと「結婚後も正社員で勤められる職場で働きたい」といった人や「今まで培ってきたキャリアをもとにステップアップの転職をしたい」と考えている人も多いためです。そういった人は事前にスキルアップを図っていたり、意欲がまるで違うので、採用者側も肌で感じることができます。

 

 腰掛というのはもはや一昔前のイメージです。最近は共稼ぎするのが当たり前であり、女性も正社員で働くのは当然となっています。また企業側も女性陣の戦力を欠かすことはできません。現在も女性の管理職採用が目立ってきていますが、女性の管理職は今後ますます増えることが予想されます。もちろん配偶者の転勤などで仕事を辞める女性も少なくありません。

 

 その一方、仕事を続けるために転勤の際は別居する夫婦も増えており、女性の仕事に対する意欲は年々増え続けています。男性が大手企業や公務員であっても、女性が働くのは当たり前の時代となりました。大学へ進学するのが当たり前の時代であり、子供の教育費がかかることや生活レベルも上がっていることで、毎年海外旅行へ出かける人も増えているといった背景もあります。

 

 逆に20代後半で独身、さらに彼氏はいないとなると、会社の男性のお嫁さん候補として採用したいと考える採用者もいないわけではありません。夫婦一緒に共稼ぎで会社に勤務してもらえれば、会社側もメリットが高いのです。 


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト