一つの会社を三年と考える時代はもう終わった

 高卒者の求人探しのヒントになればと思いお話します。

 

 記事タイトルの通り、一つの会社を三年と考え転職をする時代は今の時代では通用しないと私は思っております。

 

 私が、今、働いている会社は、転職をして三度目の会社です。

 高校を卒業してから、ずっとサラリーマンとして働いてきて、色々な人達と出会ってきました。

 

 中でも心に残っている取引先の社長さんからのお話が私に取ってのサラリーマンとしての原点になっています。

 

 それは、社会で生き抜くには、又、世の中で通用する人材というのは、人脈を多く持っている人間がなんだよ。人脈こそが一番必要なんだということでした。

 

 よく、会社に入社して、三年経てば一人前と言われます。

 

参考記事
高卒 求人
高卒者の求人情報は何を使うべきなのかわからない方へ、実績の高い求人サイトの紹介です。面接や履歴書の対策も乗っています。
xn--gmqu5ih10a6s6b.net

 

 就職してすぐ、会社の待遇、仕事の内容に納得できず、すぐ辞める人もいれば、我慢してでも三年経って辞めた方が次の会社の面接にも、少しは有利に働くとかで三年経って転職をする人もいます。何かと私の周りの人達は三年周期で転職を考える方が多いです。

 

 しかし、私は、三年周期の時代はもう終わったと感じています。

 

 結局はどんな会社にいたとしても、歯を食いしばってその会社で結果を残せなければ、三年働いていても使える人材ではないような気がします。

 

 又、将来のビジネスパートナーという人脈を作るということも、三年間では厳しいところもあると思います。

 

 だから私は、転職をするという事は、将来に渡って信用出来る人脈を持った時にする物だと考えています。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト