面接で緊張して言いたいことを伝えることができません。

面接では必ず緊張してしまい、言いたいことを伝えることができません。どうしたら良いですか?

面接は自分自身をアピールする場であり、志望者の一挙手一投足で面接官は合格の可否を判断してしまいます。
志望度が高ければ高いほど緊張してしまうのは当然のことです。

 

私自身も人前で話すのが苦手で、かつ面接官の顔を伺うタイプだったので面接は苦手です。
上手く話せず、不採用通知を受け取った日はその日1日ブルーな気持ちになります。

 

「自分は口下手だからダメなんだ」「緊張せず話せる人が羨ましい」と思っていました。
そんな時話すのが好きな人、緊張とは無縁な人といった面接に強い友人に改善策を聞いたところ、驚きの答えが返ってきました。
彼らの中には人からそう見えるだけで、実は苦手な人がたくさんいるということを。

 

面接に慣れることも重要ですが、一番大切なことは事前準備をきちんと行うことだそうです。
緊張する理由は不安要素があり、それが解消されていないからなのです。

 

 

面接対策として、想定質問に対する質疑応答を事前に考えていました。
しかし、実際に質問されると緊張してうまく言えない、思い出せないことが多くありました。
なぜなら空で言えるほど、話す練習をしていないからです。彼らとの決定的な違いはここにありました。

 

 

彼らは転職理由から志望動機といったオーソドックスな質問から、趣味や好きな事といった質問に対して、流暢に話せていました。
「話すことを考えるのは当然の事で、実際に声に出さないと覚えないし、声に出すことでおかしな点もわかってくる。」
私には事前準備が欠けていました。

 

友人のアドバイスの元、自身の言いたいことをきちんと覚え何度も声に出し、時には友人や家族に聞いてもらい対策をしました。
すると面接で緊張はしているものの、言いたいことをはっきり言えるようになりました。
それからトントン拍子に物事が進み、内定を頂くことができました。
きちんと準備する事で、ここまで代わるものなのかと感動した記憶があります。

 

 

質問者様も緊張してうまく話せないとのことですが、
きちんと事前準備はしていますか?話す内容を空で言うことはできますか?

 

私自身もそうでしたが、緊張してうまく話せない人はそれだけ課題があります。
課題があるということはそれだけ伸びしろがあるということです。
緊張してうまく話せない自分を卑下することは決してせず、前向きに取り組んでください。
そうすればきっと質問者様にとって良い結果が訪れるはずです。

 

 

 

 

その他の質問:
面接の時にその場で採用されることはありますか?
転職先が決まってないのに退職してもいいですか?
未経験の職種で採用されてしまいましたが、初日から仕事が分からず悩んでいます。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト