中小企業への転職はどのような感じなのか?

中小企業への転職はどのような感じなのか?
就職活動、あるいは転職活動において、中小企業への就職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。大企業とは違い、中小企業への就職の場合、考えておかなければいけないことがあります。

 

まずは、中小企業への就職の場合、大企業とは違い、職種などを兼任することも多く、たとえば営業職の場合であっても、事務なども行ったり、あるいは他の仕事も同時にこなすこともあります。

 

大企業とは違い、中小企業の場合、少人数で会社を回しているということも多く、一人一人への仕事量が多いということなどが大きな特徴です。もちろん、企業によってもこれらは異なりますが、大企業とは違い、一人の仕事量が多く、任される仕事の範囲も多いため、やりがいを感じることも多く、またスキルなども身につくことが多いです。

 

一人一人の業務の範囲が定められている大企業とは違い、中小企業の場合には、範囲が広く、また自分の意見が通りやすいというメリットがあります。また、中小企業の場合、社長と社員との距離が近い場合が多く、自分の意見などを発言する機会も多く、その分風通しが良い所も多いといえるでしょう。

 

大企業の場合、なかなか上の役員の方などに会う機会がなかったりすることも多いですが、中小企業の場合には、社長と会う機会も多いため、率直な意見を伝えることが出来たり、弁筐になる機会も多いはずです。しかし、中小企業への転職、就職の場合には、大企業とは違い、福利厚生なども少ないこともありますし、企業によっては労働環境が良くないケースもあります。また、前職から給与が下がってしまうケースなども少なくありません。このため、事前に調査をすることや情報収集をしなければなりません。

 

大企業から、中小企業へ転職する場合には、これらのギャップなどを感じることもありますし、事前にギャップを感じてしまわないように、大企業との違いなどをあらかじめ頭に入れておくことが大切となります。

 

 

その他の質問:
面接の時にその場で採用されることはありますか?
転職先が決まってないのに退職してもいいですか?
次の転職で最後にしたいです、優良な企業か判断するには何処をチェックしたら良いですか?


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト