30代の転職が厳しい理由は何ですか?

30代の転職が厳しい理由は何ですか?

 

30代の転職は、そこまで厳しいとは言えません。むしろ、経験をそこそこ積みながらも、まだ成長の余地のある年代と考えられることの方が多いですから、転職市場においては非常に価値が高く、転職しやすい年代と言えるのではないでしょうか。

 

ただ、30代でも転職が厳しくなってしまう人は当然います。例えば、転職回数が多い人。30代であれば、せめて転職は2回から3回程度で止めておきたいところ。30代前半で3回以上の転職があると、それだけで企業も顔をしかめてしまうかもしれません。

 

気にしない企業もありますが、そうした企業の存在は非常に貴重であり、そうした企業ほど高い能力が必要になるので、転職回数が多いことがプラスに働くことはまずないと思っておくべきです。

 

転職回数が増えてしまったことに対して正当な理由があればまだマシですが、正当な理由があったとしても、「企業選びに問題がある」、「辛抱強さが足りない」と思われてしまうことは避けられないでしょう。

 

後ろ向きな理由で会社を辞めようとしている、転職しようとしている人も、いくら30代であっても厳しい転職活動となるでしょう。それはどうしても書類の内容や面接での雰囲気に出てきてしまうからです。

 

後ろ向きな理由で転職しようと考えている人は、応募書類の内容も面接も、非常に無難なものになりがちです。どこかで見聞きしたような文言でアピールしようとするので、そこに個性が表れてこないのです。企業の人事担当者もそのくらいのことは見抜けますから、そういう人はきっと採用されない時期が続くことになるでしょう。

 

30代になって、やりたいことや自分のこと、社会のことがいまいち把握し切れていない人、こういう転職希望者も非常に厳しい現実の壁にぶち当たることになると思います。自分のこと、社会のことがわからない大人を誰が雇いたいと思うでしょうか。若かったとしても、それでは転職が厳しいものになると言わざるを得ません。

 

30代も後半になると、より市場価値は落ち込み転職が厳しくなってくるので、早めに行動に移し、また、自分や社会、企業のことなどを明確に把握する必要が出てくるでしょう。その意識が高ければ、30代の転職というのは、まだ乗り切れる余地が大いにあると考えられます。

 

その他の質問:
面接の時にその場で採用されることはありますか?
転職先が決まってないのに退職してもいいですか?
次の転職で最後にしたいです、優良な企業か判断するには何処をチェックしたら良いですか?新しい職場の方と仲良くなれるか不安です。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト