転職した回数は次の転職に影響しますか?

転職回数は採用に大きな影響を与えるのでしょうか?
転職回数が採用に与える影響は少なくないと思っておいた方がいいでしょう。ここで勘違いしてはいけないのは、転職回数が多いと必ず採用に悪影響を与えるというわけではないこと。

 

確かにこれまでは、転職回数が多くなればなるほど転職に不利になると言われていました。「我慢が足りないのではないか」、「すぐに体調を崩してしまう人なのではないか」、「飽きっぽいのではないか」といったイメージを持たれてしまうからです。

 

確かにそういう理由で転職回数が多くなってしまった人もいるでしょう。そして、そういう理由で転職回数が多くなってしまった人は、おそらく転職に悪い影響を与えることになるはずです。

 

しかし一方で、転職回数の多さが転職に有利に働く人も存在しています。それは、非常に前向きな転職を繰り返しており、転職の度に成長を続けている人。例え従事する業界や職種が転職によって幾度となく変わっていたとしても、そこで必ず何かを得、次の仕事に生かすような形で働いてきた人であれば、他の人にはない価値ある経験をしていると考えられるため、それを評価する人事担当者と出会えれば採用されやすくなると考えられるのです。

 

逆に、転職の経験がほとんどない人は採用にどう影響を与えるのでしょうか。転職回数がゼロの人は、それによって採用に悪影響を与えてしまうことは考えられません。若い人でも初めての転職であれば何度も転職を経験している人よりも印象は良くなるでしょうし、中高年の方でも、1つの会社で長く働いてきたことは評価される要素となるでしょう。決して、「経験が浅い」などと、マイナス評価になってしまうことはないと考えられます。

 

転職回数は採用に大きな影響を与えるのか否か、という質問の答えをまとめるのであれば、「人や経験によって異なる」と言えるのではないでしょうか。悪影響になる転職経験もあれば、良い影響を与える転職経験もあるのです。そしてそれは、あなたのアピールの仕方次第で180度変わることもあるでしょう。自分にとって、あるいは応募企業にとって価値ある転職経験であったと伝えること、それができれば採用されにくくなることは避けられるはずです。

 

その他の質問:
面接の時にその場で採用されることはありますか?
次の転職で最後にしたいです、優良な企業か判断するには何処をチェックしたら良いですか?
30代の転職が厳しい理由は何ですか?
新しい職場の方と仲良くなれるか不安です。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト