内定が決まるまで何社くらい応募したらいいですか?

内定が決まるまで何社くらい応募したらいいですか?
内定が決まるまでの応募数には個人差があります。しかも、かなりの差が出てきてしまうでしょう。

 

30代は転職する年齢としては全く問題ありません。30代前半と後半では市場価値が異なるので30代をひとまとめにすることは難しいものの、30代のうちの転職はベストなタイミングと言えるはずです。

 

この年代では、多くの人が10社以上に応募しているようです。平均を出すのは難しいのですが、転職系サイトなどの情報を総合すると、15社前後になるでしょうか。

 

当たり前のことかもしれませんが、転職活動にかける時間が長くなればなるほど、応募する会社の数も多くなるものです。できるだけ短期的に決着をつける工夫をすれば、10社以内の応募数で内定をもらうことも不可能ではないでしょう。

 

転職活動の中で行わなければならないそれぞれの作業、これにどう取り組むのかでもこの数は変わってきます。手当たり次第応募する人は、それだけで応募数が増えてしまいますし、しかもなかなか転職先が決まらず、結局20社も30社も応募していた、という結果にもなりかねません。

 

自己分析によって自分のことを詳細に、そして正しく把握し、求人情報の読み取りや企業研究も正確に行った上で応募する人は、マッチングにミスが起きる可能性が下がるので、それによって短期で転職先を決めることができます。そうすれば、5社前後の応募数でも内定を受け取ることができるはずです。

 

もしこのような作業が苦手であれば、転職エージェントを利用して活動を進めていきましょう。“どのような企業があなたに合っているのか”といったことをはじめ、転職に関わる作業のほぼ全てをサポートしてくれるのが転職エージェントと呼ばれるサービス。これを上手く活用できれば、自分一人で転職活動を進めるよりもずっと少ない応募数で転職することができるでしょう。

 

また、気持ちの持ちようも重要です。「10社応募しよう!」と気合いを入れるのも悪くはありませんが、できれば、「この1社で決めてしまおう!」という気持ちを持っていた方が、全ての作業にも熱が入り、十分な対策もしやすくなると考えられます。

 

その他の質問:
面接の時にその場で採用されることはありますか?
転職先が決まってないのに退職してもいいですか?
次の転職で最後にしたいです、優良な企業か判断するには何処をチェックしたら良いですか?


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト