退社の理由をどう伝えるか

慰留しにくい退社の理由を用意して話す

退職の意思を伝えるのは、まず直属の上司になります。このとき、いきなり「退職願」や「退職届」を渡すのではなく、あくまでも相談という形で、退職の意向を伝えることがスタートになります。

 

このとき、必ず退社の理由を聞かれますので、きちんと説明できるように準備しておかなければなりません。キャリアチェンジの場合は、「どうしてもやってみたい仕事が見つかったので、将来を考えて、いまチャレンジしたい」と、ストレートに話してよいと思います。

 

上司に部下の人生の責任はとれませんし、やりたい仕事に就く自由は、誰にでもあることだからです。ですが、現職への不満が退職理由の場合は、それをストレートに伝えるのではなく、慰留にしくい理由をあらかじめ考えておくことが必要です。

 

 

上司が慰留し続けにくい退社理由とは

では、具体的にどのような退社理由を伝えれば“慰留しにくい”と感じてもらうことができるのでしょうか。

 

「既に転職先から内定をもらっている」、この理由はかなり効果的と思われます。次に働く場所が決まっているのにもかかわらず、それでもなお慰留を求める上司はなかなかいないでしょう。具体的な入社日なども決まっていれば、なおさら引き止めるのが難しくなるはずです。

 

「両親の面倒を見なければいけなくなった」、この理由を言われると、もう上司は何も言えないのかもしれません。「家族の介護や看病など関係ない、それでも会社に残れ」という上司がいたら、それこそそんな会社にはこれ以上いない方がいいでしょう。

 

上記のような退職理由を持ち出せば、渋々かもしれませんが納得してくれるはず。ただ、それが嘘だとすぐにバレるようなことだけはないように注意してください。特に家族や友人などを巻き込む理由を伝える時には、バレないという確証を持ってからにしましょう。

 

 

会社への不満は絶対に理由にしない

本当の退社の理由が勤務先への不満だったとしても、上司に退社の理由を伝えるときには、絶対にそれをダイレクトに言ってはいけません。

 

「問題点を解決できるように、システムや社内ルールを見直すので考え直してほしい」という、慰留するもっともらしい理由を相手に与えることにもなりますし、何より、感情的な軋轢や退職トラブルに派生する確率があがるからです。
会社への不満を訴えたばかりに、いつまでも辞めさせてもらえない、という話はよく聞かれること。嫌がらせに発展すれば気持ち良く転職できませんし、転職活動にも悪い影響が出てきてしまうかもしれません。

 

やはり、「一身上の都合」「家庭の事情」など、無難であったりやむをえないと思われる理由を告げるようにした方が、後悔せずに済むのではないでしょうか。

 

 

 

【関連記事】


トップページ 転職マニュアル おすすめ転職サイト