これだけは押さえておきたい!初出勤までにあなたがしておきたいこと

完全に頭を切り替えておく

 

転職を成功させたら、初出勤に備えて、完全に頭を切り替えておきましょう。

 

前職での経験、それは今後も十分に生かさなければいけませんが、例えば前に勤めていた会社でのルールや慣習といったものが転職先でも通用するとは限らないので、この辺りは頭を完全に切り替え、できるだけフラットな状態にしておいた方がいいと思われます。

 

これまでにどんなキャリアを積み上げてきたのかわかりませんが、それが非常に価値のあるものであっても、あくまでもキャリアのごく一部であり、それよりもこれからのキャリアをより重要視するような意識を持つことに頭を切り替えておくことも重要となるでしょう。

 

過去の栄光にはすがらないし固執しない、この意識が転職者には求められます。

 

ある程度の企業・業界研究を

 

初出勤までに、これから働くことになる企業の情報や業界についての研究、これもできるだけしておいた方がいいでしょう。

 

就業規則の確認、どのような人が働いているのかを担当者などから情報を仕入れておく、その企業が業界内でどういった立ち位置にあるのか、また、ライバル企業についてなども調べて知識を頭に入れておくことで、今後の仕事にも良い影響が出てくるのではないでしょうか。

 

業界についても同様です。業界を知れば、自然と転職先企業のことも見えてくるはず。もちろん前職と同じ業界に属する企業に転職するのであれば、企業研究により時間を割いてもいいでしょう。

 

提出物の確認を

 

転職する時には必ず提出しなければならないものが出てきます。企業によって若干異なる部分もありますが、書類の類は、その提出が滞ったり紛失したりすると後々面倒なことになるので、初出勤までに必要な提出物の確認と用意を忘れないようにしてください。

 

契約書の類は、それの準備をするだけではなく、内容の確認も忘れてはいけません。内容に問題や不明な点があれば初出勤前に担当者に問い合わせて確認しておきましょう。

 

自分で用意するもの、企業側で用意してくれるもの、前の会社から受け取っておくべきもの、それぞれあるはず。特に前の会社から受け取っておくべきものはその受け渡しや準備に時間が掛かることもあるため、早めに動き出しておかなければいけません。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト