30代と退職時の有給消化

転職が理由の退職でも有給申請はできるのか

 

 年次有給休暇は、企業が社員を採用してから6か月間継続して勤務し、かつ全労働時間の80%以上出勤した際に与えなければならないことを、労働基準法第39条で定めています。

 

 この出勤率80%をクリアしている限り、社員が有給休暇の申請をした場合は、企業がこれを拒否することはできません。これは、30代のあなたが、転職のために退職するときであっても同じです。

 

 また、30代の女性の中で、産前産後休暇や育児休業を取得したひとの中には、自分が出勤率80%に満たないと勘違いするケースも多いようです。ですが、産前産後休暇や育児休業は出勤していたものとみなされますので、出勤率に組み込まれます。諦めずに、有給申請をしてみましょう。

 

有給消化するために心がけておくべきこと

 

 とはいえ、雇用される社員の権利だけを、労働基準法が認めているわけではありません。企業側には、社員に対し「時季変更権」を行使して、有給休暇の連続取得日数を制限できる権利を認めています。

 

 これは、特定の社員が連続で長い有給を取得することで、会社の業務が滞ることを避けるための処置で、雇用者はこの権利を使って、休みをずらすよう交渉することができるのです。

 

 こうした事態を避けるためにも、退職を決め、有給消化をしたいと考えているなら、引き継ぎ期間に取得したい有給消化日数を加え、希望する退職日から計算して、会社側に退職の意向を伝えるしかありません。

 

 また、有給を消化する前提として、自分が担当する仕事はすべて終わらせること、引き継ぎもきちんと完了するのは、当然なことです。30代であれば、円満退職することが重要ですので、進め方には注意しましょう。

 

 

<関連記事>


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト