退職前の有給消化はセーフなのか

退職時の有給休暇はOK

 転職や退職などを気に、たまっていた有給休暇を消化してしまいたい、と思うことは誰しもあると思います。現職として働いていたころはなかなか有給休暇が取れず、たまりにたまった日数。でも、周りの同僚との兼ね合いもあるし、何よりも会社側がどさくさに紛れたような有給休暇の取得を許してくれるか心配ですよね。

 

 しかし退職時であれ何であれ、有給休暇の取得は全ての社員に認められている権利です。企業側にも社員に有給休暇を消化させる義務があります。それは労働基準法で定められている法律なのです。ただ、特に退職直前に長期の有給休暇を消化するには、社会人のエチケットという点でも、やはり同僚のことも考えなければなりません。

 

 何かプロジェクトやタスクに関わっているのならそれが完了してから、あるいは引き継ぎ作業が終わってから、タイミングを見計らって休暇を取得するようにしましょう。それができないと今度は周りが困ってしまいますし、退職後に何かと噂を立てられてしまう可能性があるからです。

 

 

有給休暇日数を計算してみよう

 長期の有給休暇取得を申請する前に、自分には何日分の未消化有給休暇があるのかを調べてみましょう。まず、6か月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した従業員には10日間の有給休暇が与えられます。1年6か月なら11日、2年6か月なら12日、その後は6年6か月になるまで2日ずつ加算されていきます。それ以降は20日ずつ与えられるようになります。ポイントは、未消化分は次年度に繰り越されるということです。退職時に何十日間もの有給休暇がたまるケースが頻出しているのはこのシステムの影響です。

 

 もちろん退職時であっても未消化分の有給休暇を取得する権利はありますが、退職日と合うように計算してから申請をしましょう。また、もし希望する日数の有給休暇を取れなかった場合、取得不可能分のお金が支払われることもあります。これは企業によって異なりますが、退職前に希望する日数の休暇を得られなかった場合のヒントにしてみてください。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト