30代で円満退職をするには

円満退職できるかどうか

 

 30代となると大分仕事ができてくるようになり、企業としての生命線にもなりうる程の存在ともいえます。そのような人間が抜けてしまえば当然のことながら企業への痛手は計り知れません。

 

 「これから」という時に退職して別の企業へ転職するとなれば企業側はまずいい顔をしないでしょう。そういう意味では残念ながら30代での円満退職は多少厳しいものになるといえます。

 

 もちろん企業によっては快く見送ってくれるということもありますので、結局はその企業を経営している人間の人柄に左右すると考えてもいいでしょう。そもそも、その企業が“去る者は追わず”の精神で、辞めていく人の意見を尊重するような社風があるかどうか、ここがポイントとなってくるのかもしれません。

 

 自分の上司が、その企業の経営者がどのような人間か、それを考えて円満退職することができるのかどうかを想定しておきましょう。

 

やるべきことはやる

 

 もちろん快く見送ってくれるという企業でも、退職前にやるべきことをやらなければ経営に支障が出てしまい自分への印象が悪くなってしまいます。

 

 また円満退職できずとも、やるべきことをやっておけば少しは印象の悪さを軽くすることができるので、行動をする必要はあります。傷はできるだけ最小限に、そう考えれば、「円満退職はできないだろう」と思ったとしても、それに向かって動いていかなければいけないのです。

 

 実際退職までにすることとしては退職を伝えること、引継ぎ作業、挨拶とあり、場合によっては他にも何かすることがあるでしょう。自分が何をすべきか、そこを考えてそれに応じた行動をしていきましょう。

 

 退職を伝える時期は、できるだけ早めに。そして、誰よりも先に直属の上司に相談することも守らなければいけません。引き継ぎ作業にかかる期間もしっかりと考慮した上で、そして上司と相談しながら退職日を決定することも、円満退職とするコツ。自分の都合のみで退職までのスケジュールを決めれば、これは円満退職とはなりえませんから、この点は絶対に守るようにしてください。

 

 

円満退職にするための挨拶とは

 

 上で少し触れた“挨拶”ですが、これも円満退職をするためには絶対に欠かすことができない要素の一つ。特に取引先との繋がりをある程度任されている人は、この挨拶を疎かにしないことです。

 

 退職に伴う挨拶を取引先の人にする時には以下のことを守ってください。

 

・引き継ぎがしっかりと行われていることを伝える
・後任者の紹介もしっかりと行う
・これからも(会社との取引等を)宜しくお願いしたいという旨を丁寧に伝える
・転職先や転職理由などは明かさない
・転職後の個人的な付き合いをお願いするようなことは言わない

 

 どれか一つでも守れなければ、とても良い雰囲気だった退職活動も、一気に崩れかねません。円満退職というのは油断した途端に無となってしまうもの。それを頭に入れた上で丁寧に動き、最後の最後の日まで気を抜かずに進めるようにしてください。

 

<関連記事>


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト