面接前に身なりは大丈夫か

面接で着ていくものは

 

 当然のことながら面接の際にはスーツで行くのはほぼ決まっています。求人に、「私服で来てください」などと書かれていない限りは、スーツで臨むのが鉄則なのです。ただ、一言でスーツといっても今では多種多様であり、どのようなスーツを着ていけばいいのか悩む方もいるでしょう。

 

 ですが結局は「無難」なスーツで行くのが一番問題ないということになるので、悩む間もなくこれを選択することをお勧めします。

 

 無難なスーツというのは黒や紺、グレーといったようなものです。これらであれば、カラーの点においては相手にもおかしな印象を与えることはないでしょう。カラーは無難なものを選択しても、そこに柄が入っていれば、それによっておかしな印象を与えることが出てくるかもしれません。できれば無地のスーツを選択すること。

 

 一方で30代となれば大分服装もくたびれていて汚れやしわといったものが付いている人が多いでしょう。その場合には汚れを取って、しわも伸ばすようにしましょう。ちなみに新しく買う必要はありません(よほど汚れたりなどしていなければですが)。

 

 むしろ普段から使っているスーツであれば、それはそれで自分がここまでこれを着て仕事をしてきたというアピールにも繋がるからです。

 

 シャツにも当然気を遣ってください。色は白がいいでしょう。袖や首回りに黄ばみや汚れがないかをしっかりとチェック。こちらもシワを伸ばしておいてください。アクセサリー類は時計と結婚指輪以外は控えること。時計も、もし派手なものであれば外しておいた方がいいかもしれません。

 

着ていくもの以外で

 

 意外と見落としがちなのが靴です。靴が変なことになっていないでしょうか?履いて外を動く以上汚れること自体は仕方がないことですが、見た目的に支障があるような状態だと目立ってしまうため、直せるなら直し、無理であればこれを機に買い換えるのもいいでしょう。

 

 ちなみに、靴も黒色のものを選択し、余計な飾り(金属など)があしらわれていないものを選ぶこと。スーツやアクセサリーと同様に、派手さを印象付けるような身なりはしないように注意してください。

 

 30代となれば男性の場合にはヒゲは大丈夫でしょうか?手入れをしていないと不潔な印象を与えてしまうため、面接前に剃っていくようにしましょう。おしゃれヒゲも基本的には厳禁です。

 

 女性の場合には髪の毛が長い場合には鬱陶しくならないように手を加えるようにしましょう。後ろで結いたりピンで留めるなどしておくこと。もちろん、男性も髪型には十分に気をつけなければいけません。

 

 意外と盲点になりがちなのが“香り”。男性も女性も、最近は香りに気を遣う人が増えてきていますが、面接時にはできるだけこれを抑えておいてください。香水を使ってはいけないことはないのですが、つけ過ぎると印象は悪くなってしまいます。香水以外にも、体臭や整髪料、柔軟剤などにも注意しておきましょう。

 

 

<関連記事>


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト