外資系への転職はある程度の知識が必要

 転職求人が多く出回っているのは、20代〜30代前半だといわれています。女性は28歳までと言われており、男性は35歳までと幅があるのも特徴です。

 

 性は一生涯仕事をするのに対し、女性は結婚や出産などで退職したり育児休暇をとる可能性が高いことから、採用側も30代女性に対しては、非常に慎重です。転職したいと考えている人の中には、「外資系」を目指している人もいるのではないでしょうか?外資系を目指している人に読んでもらいたい記事がこの記事です。

 外資系は給与がいい、仕事がおもしろい、海外への展望もあるといったメリットもありますが、日本とは違う文化の世界でもあります。会社自体は日本にあるとはいえ、企業体質はあくまで「外国」なのです。どういったことがいいことなのか?どういったことをしてはいけないのか?などある程度の知識はほしいところですよね。

 

 外資系への転職を考えている人は「外資系の流儀」という本をおすすめします。

 

 30代といえば社会人として実績も積み、ある程度の良識がそなわっていると考えられています。良識も転職において大事なことで、流儀を間違えるとえらい目にあうこともあります。ある程度知識があるのとないのでは、自分の対応もおのずとかわってくることでしょう。日本の常識は外国では常識でない場合もけっこうあるのです。

 

 30代の転職は、生涯最後の転職になる可能性も十分考えられます。35歳を過ぎたらパタリを扉が閉まったかのように、転職向けの求人は減少してしまいます。30代のみなさん、転職活動を頑張ってくださいね。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト