30代での転職のヒントとなる会社選び

30代での転職のヒントとなる会社選び

 

30代での転職のヒントとなる会社選び

 

 アゴラに掲載された「ちきりん流ベンチャー成長論の”欺瞞”」という記事が30代での転職のヒント、特に、会社選びに関する大きなヒントになりそうです。

 

 記事の内容は、勤め人になる場合に大企業とベンチャー企業のどちらに入った方が「成長」できるのかという話について、そもそも成長とは何かというところから、この記事の筆者が、ベンチャー成長論を唱えるグローバルマチョ子さんに噛みついているものです。

 

 価値観というのは人それぞれ違うもの。それは転職希望者も同じこと。大企業への転職を試みる人もいるはずですし、30代であれば、その可能性も決して低いわけではないでしょう。逆に、こういう時代だからこそベンチャー企業にこそ価値があると思う転職希望者もおり、こちらも30代であれば転職が十分に可能であると言えるはずです。

 

 あなたは果たして転職先を選択する時に、どの価値観を優先し、最終的にどのような決断を下すのでしょうか。その価値観や決断はこの記事を読むことで、もしかしたら変化するのかもしれません。

 

 

希望の職種に就く過程を選択できる

 勤め人としての成長といっても、その会社や職種によって意味が違います。

 

 例えば、誰もが就けるわけではない職種を希望する場合に、大企業では別の部署での下積みを経なければ無理である可能性があります。特に、営業現場や製造現場を経験することがルール化されている企業であれば、それ以外の職種に就けるのはかなり後のこととなりかねません。

 

 そうこうしているうちに30代に突入してしまい、後が無くなるとばかりに転職したとしても、その職種の経験はゼロですから悲惨です。 それは転職してからも言えること。30代になってから大企業に転職する、これはこれで一種のステータスを得られるかもしれませんが、そこで希望の職種に就けるとは限りませんし、やりたい仕事をすぐに任せてもらえるとも限りません。

 

 一方で、最初に希望職種で入れる可能性の高いベンチャー企業に就職し、キャリアを積んだ30代で大企業へ即戦力として中途入社すれば無駄な遠回りを回避できます。

 

 では、30代でベンチャー企業に転職することはどうでしょうか。これも大企業への転職と比べれば、希望の仕事を行える可能性は高くなるでしょう。ベンチャー企業に転職するリスクはあるとしても、その分、自分のやりたいことを思い切ってやれる環境へと飛び込むことができる、そんなメリットも得られると考えられます。

 

成功は大企業かベンチャーかで決まるものではない

 

 こうしてみると、希望職種のある人は30代で転職する前提でベンチャーに入れば良さそうに見えます。しかし、それで成功する保証はどこにもありません。あくまでもヒントになるということです。

 

 また、30代で転職を試みる人にとっても、大企業への転職かベンチャー企業への転職か、というのは、結局価値観によるところが大きいのかもしれません。

 

 結局のところ、その選択の先にあるのは自分の頑張りであって、大企業かベンチャーはほんの一つの要素に過ぎないのでしょう。

 

 


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト