中高年の就職に不可欠なものとは?


 厚生労働省は求職者総合実態調査という調査を行い、その結果をホームページで公表しています。その内容によれば、中高年で早い段階で就職した、早期就職者と分類される人たちは希望賃金が5~9万円程度となっている人が多いことが分かりました。

 これは定年退職後の仕事の収入として自分がこの程度あれば満足できると考えている額という意味になりますので、退職後は年金と合わせて5~9万円程度の収入があればほとんどの人は満足できるのでしょう。数値は違いますが、後期就職者の中高年でも結果は同じでした。

 

 年金の受給額は人それぞれ多少の差はありますが、年金と合わせて中高年の場合であれば20万円程度の収入があれば充分だと考えている人が多い事がわかります。中高年の就職というのは健康問題もありますので、若い頃のように毎日ガンガン働けるという訳でもありませんし、あまり贅沢はしなくても良いと考えている人が多いのでしょう。

 

 しかし、同じ調査の中で希望賃金が20~24万円となっている中高年層もかなり割合としてはいます。40~45万円での希望賃金を出している層も、少なくはありません。これは特殊技能があったり、特殊な知識がある人の場合でしょう。

 

 こうして見てみると、転職に関してもそうなのですが、特殊技能や希少性の高い資格などを保有しているような場合であればどんな状況になっても、高い賃金を得ながら就職活動が進められることが分かります。必要なのは特殊技能、知識ですね。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト