中小企業の支援策を利用した中高年の再就職活動


 ごく一部の高いスキルを持った人材以外、中高年が再就職を考えるときには、これまでのキャリアとは違う分野へのキャリアチェンジも視野に入れなくてはいけません。しかし一定の年齢に達した後、新しい環境へ飛び込むことに抵抗を感じる中高年もいることでしょう。何の準備もなく新しい分野への転身は不安ですし、勇気が必要かもしれません。できることならばキャリアチェンジのための何らかの支援を受けたいものですよね。

 6月から来年3月末まで、大阪府内では「中小企業高度ビジネス支援センター事業」が行なわれます。人手不足に悩む中小企業の支援策として、民間の人材紹介会社を通して、中小企業のグローバル化の手助けと、中小企業に必要な人材の育成と雇用のマッチングを手助けするのです。

 

 人材の育成のための方法として、まずは委託を受けた民間の人材紹介会社が大阪府内の未就職者175名を雇用します。内訳は39歳までの若年失業者 を105名、40歳以上の中高年失業者 を70名を雇用する予定です。
雇用後は研修として、中小企業の製品やサービスを国内・海外に広く広報するためのマーケティングや営業企画のスキルを持つ人材として育成し、期間終了後は大阪府内の中小企業へ就職を斡旋します。

 

 約6ヶ月の研修期間中、訓練生には規定の給与と通勤交通費などが支給されますし、個別のキャリアカウンセリングも行われるので訓練生にとっても有益な事業と言えそうでう。中高年失業者に対してはキャリアチェンジも支援してますから、畑違いの方でも応募が可能です。対 象 者は大阪府での就業を希望する現在求職中の人となっています。

 

このような事業は大阪府だけではなく、各地域で同じように行われていますから、ご興味がある方は探してみてください。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト