ブラック企業への就職回避方法に関して

高卒フリーター28歳男性です。就職活動を何度もしましたが、ブラック企業しか決まりませんでした。一体何が駄目なのでしょうか?


 現在フリーターで就職活動をされているとのこと。就職活動をしてもブラック企業しか決まらないとなると、何らかの形で方向転換が必要と考えられます。フリーターの人に見られがちですが「就職できればどこの会社でもいい」といった人が非常に多いです。確かにアルバイトから就職できるのは非常にありがたい話であり、願ってもないことですよね。ただし安易が就職は避けるべきです。

 ブラック企業しか決まらない理由として、ブラック企業でなければ採用しない人材である要素についても考慮しなくてはなりません。ではどうしたらブラック企業から脱出できるかというと、やはり強みのある資格を身につけることやキャリア訓練を受けることが重要と言えます。

 

 職安などでは、フリーターの支援活動も積極的に行なっており、就職斡旋などの支援についても積極的に展開しています。こうした支援活動を受講されるのが1番の近道といえるでしょう。

 

 支援活動、すなわち支援プログラムは資格の取得はもちろんのこと、社会人としてのマナーについても指導してくれるところも少なくありません。本人は気がついていないと思いますが、アルバイト経験しかない人は社会人としてのマナーが備わっていないケースも多いことから、そうしたことも就職ができない要因となっているのです。

 

 就職に向けてただ企業を受けるだけではなく、受かるためにいくつかのステップを踏んで就職を目指してみるのがおすすめです。こうした取組みはブラック企業への就職を避ける手段ともなります。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト