教員になりたいフリーター

塾講師をしている32歳女性です。教員試験に合格できず、この年まで塾のアルバイトしか経験がありません。教員になりたいのですが、合格できない場合も頭をよぎります。いっそうのこと塾講師に就職した方がいいのでしょうか?

 

 教員を目指されているとのことで、長年試験勉強を頑張られてきたことと思います。教員を目指している人は学校で臨時職員をしたり、塾講師として仕事をしている人も多いです。試験勉強を優先するため、あえて塾講師でフリーターの道を選択をされていると思いますが、もし勉強に差し支えないようでしたら、就職されることをおすすめします。

 塾講師の経験がある人であれば、塾の就職はあまり難しくないと思いがちですが、塾講師も若い講師の方が人気が高いことや年齢があがるにつれて、人件費が高くなる傾向があることから、年齢を重ねると就職は不利になってしまいます。
 教員試験に合格できるという保証があれば、アルバイト形式でも問題ありませんがもし合格できなかった場合、さらに年齢が上になって就職活動をしても、正社員で雇ってもらえない可能性も否めなくありません。

 

 実際に教員試験を受け続け、駄目だった人は塾講師をしている例が多いのですが、40歳前後と なると正社員ではなくアルバイトで仕事をしている人が少なくありません。

 

 こうしたことからやはり30歳を過ぎたら、もしものことを考え就職しつつ、教員試験に望まれるのがいいかと思います。教員は非常に狭き門です。いつの日か相談者の努力が実り、教壇に立てる日を祈るばかりです。

 

 女性であれば結婚して旦那さんの扶養になることもあるかとおもいますが、万が一のことを考えやはり就職できるのであれば、早めに就職した方がいいでしょう。特に女性は35歳を過ぎると正社員での求人はかなり狭まれてしまいます。是非ご参考にしてください。


トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト