転職関連ニュース

30代での転職のヒントとなる会社選び

 

30代での転職のヒントとなる会社選び

 

 アゴラに掲載された「ちきりん流ベンチャー成長論の”欺瞞”」という記事が30代での転職のヒント、特に、会社選びに関する大きなヒントになりそうです。

 

 記事の内容は、勤め人になる場合に大企業とベンチャー企業のどちらに入った方が「成長」できるのかという話について、そもそも成長とは何かというところから、この記事の筆者が、ベンチャー成長論を唱えるグローバルマチョ子さんに噛みついているものです。

 

 価値観というのは人それぞれ違うもの。それは転職希望者も同じこと。大企業への転職を試みる人もいるはずですし、30代であれば、その可能性も決して低いわけではないでしょう。逆に、こういう時代だからこそベンチャー企業にこそ価値があると思う転職希望者もおり、こちらも30代であれば転職が十分に可能であると言えるはずです。

 

 あなたは果たして転職先を選択する時に、どの価値観を優先し、最終的にどのような決断を下すのでしょうか。その価値観や決断はこの記事を読むことで、もしかしたら変化するのかもしれません。

 

 

希望の職種に就く過程を選択できる
続きを読む≫ 2013/12/18 17:27:18

 前にいた会社は、自分が所属している部署が赤字続きだったため無くなってしまいました。

 

 そして、それと同時に会社都合で退職となり、事実上リストラをされた形になってしまったのです。

 

 それから転職活動を始めたのですが、初めての転職にどうして良いかわからずインターネットなどにある転職サイトを利用して見ることにしました。

続きを読む≫ 2013/09/18 10:57:18


 厚生労働省は求職者総合実態調査という調査を行い、その結果をホームページで公表しています。その内容によれば、中高年で早い段階で就職した、早期就職者と分類される人たちは希望賃金が5~9万円程度となっている人が多いことが分かりました。

続きを読む≫ 2013/06/25 15:36:25


 ごく一部の高いスキルを持った人材以外、中高年が再就職を考えるときには、これまでのキャリアとは違う分野へのキャリアチェンジも視野に入れなくてはいけません。しかし一定の年齢に達した後、新しい環境へ飛び込むことに抵抗を感じる中高年もいることでしょう。何の準備もなく新しい分野への転身は不安ですし、勇気が必要かもしれません。できることならばキャリアチェンジのための何らかの支援を受けたいものですよね。

続きを読む≫ 2013/06/25 15:36:25


 昨年の2012年、確かな技術と品質の高さを誇ってきた世界的大手電機メーカーが未曽有の巨額赤字を計上するに至り、多くの中高年者が大量リストラされたことは、まだ記憶に新しい寝耳に水のニュースです。一体誰が、ソニーが、パナソニックが…特にシャープが5千数百億円という巨額赤字を出し外国資本の支援を受ける様を想像できたことでしょう。

続きを読む≫ 2013/06/25 15:36:25


 「今年こそは転職したい」「30歳になったのをきっかけに転職してみようと思う」といった人もいることと思います。生きていくために不可欠な仕事。せっかく仕事をするなら、やりがいのある仕事につきたいですよね。

 

 近年では転職に対し前向きな人が非常に増えており、同じ会社で生涯勤めるといった人もいますが、転職=マイナスイメージはほとんどなくなりました。もちろん転職ばかり繰り返している人に対しては冷たい目線が投げかけられますが、キャリアアップの転職については高く評価する企業が圧倒的に多いです。

続きを読む≫ 2013/05/22 15:26:22

高卒フリーター28歳男性です。就職活動を何度もしましたが、ブラック企業しか決まりませんでした。一体何が駄目なのでしょうか?


 現在フリーターで就職活動をされているとのこと。就職活動をしてもブラック企業しか決まらないとなると、何らかの形で方向転換が必要と考えられます。フリーターの人に見られがちですが「就職できればどこの会社でもいい」といった人が非常に多いです。確かにアルバイトから就職できるのは非常にありがたい話であり、願ってもないことですよね。ただし安易が就職は避けるべきです。

続きを読む≫ 2013/05/20 10:21:20

 フリーターでも大手企業に就職した人は、これまでたくさんいます。フリーターでも大手企業に就職できか、と聞かれたら答えは「イエス」です。しかし高校を中退してフリーターから大手企業の、ホワイトカラーになれるといわれたら答えは「ノー」です。どんな大手企業でも大手企業のホワイトカラーであれば、高校を中退した人間を採用しません。

 

 同じフリーターでも大卒であれば、大手企業に就職することは可能です。ただしフリーターをしている期間にもよります。フリーターの期間が、短かければ短いほどいいでしょう。それと大学を卒業して企業に就職した経験があれば、なお就職できる可能性が高くなります。

続きを読む≫ 2013/05/20 10:21:20

塾講師をしている32歳女性です。教員試験に合格できず、この年まで塾のアルバイトしか経験がありません。教員になりたいのですが、合格できない場合も頭をよぎります。いっそうのこと塾講師に就職した方がいいのでしょうか?

 

 教員を目指されているとのことで、長年試験勉強を頑張られてきたことと思います。教員を目指している人は学校で臨時職員をしたり、塾講師として仕事をしている人も多いです。試験勉強を優先するため、あえて塾講師でフリーターの道を選択をされていると思いますが、もし勉強に差し支えないようでしたら、就職されることをおすすめします。

続きを読む≫ 2013/05/20 10:21:20

 女性にとって特に30代というのは、一つの大きな区切りでもあります。私生活、仕事において20代とはちょっと異なってくるといった人も多いですよね。学校を卒業して就職し、あっという間に30代を迎えるといった人がほとんどです。

 

 男性は30代となればまだまだといった雰囲気ですが、女性は結婚・出産する人も多いため、転職が難しくなってくるのはもちろんのこと、さまざまな選択肢を迫れることも多いことと思います。そうした生活模様を描いたのが「GIRL」という作品です。30代前後の人にとって、是非1度は見ておきたい作品となっています。

続きを読む≫ 2013/04/26 09:43:26

 20代は大学を卒業して就職しても仕事を覚えたりするだけで精一杯ですが、30代はいろいろな意味で差がでる年代です。転職もそれは同じでどんな仕事に転職するかで、たとえ同じ人でも勝ち組と負け組と分かれることもあります。そこで今回は名門の開成高校から東大という、いわゆるエリートの道を歩んできた3人のコラム記事をご紹介します。

続きを読む≫ 2013/03/11 17:37:11

 「30代前半のうちに転職したい」「会社の将来が不安なので今のうちに転職しておきたい」等転職について悩んでいる方も多いことと思います。転職に際し、悩みは尽きません。現状とのメリット・デメリットを見極め、どう進むかが1つのキーポイントとなることでしょう。

 

 転職を考えている30代の人に是非読んでもらいたい記事があります。

 

 「転職と次の10年」

続きを読む≫ 2013/02/22 17:24:22

 30代は悩みが尽きません。可能性がある年代ほど、悩みは多いものです。いろんなことができるということは、選択肢も増えるということなのです。30代で特に男性は「転職」を検討している人も少なくありません。30代男性向けの求人は非常に多いことから、転職がしやすい時期といっても過言ではありません。

続きを読む≫ 2013/02/14 15:50:14

 転職求人が多く出回っているのは、20代〜30代前半だといわれています。女性は28歳までと言われており、男性は35歳までと幅があるのも特徴です。

 

 性は一生涯仕事をするのに対し、女性は結婚や出産などで退職したり育児休暇をとる可能性が高いことから、採用側も30代女性に対しては、非常に慎重です。転職したいと考えている人の中には、「外資系」を目指している人もいるのではないでしょうか?外資系を目指している人に読んでもらいたい記事がこの記事です。

続きを読む≫ 2013/01/21 14:29:21

20代はあまり開きがなかった年収。30代となると露骨に開きが出てくるものですよね。「なんとかして年収をUPさせたい」「稼げる男になりたい」といった人も多いのではないでしょうか?

 

転職市場は20代〜30代の求人が最も多く女性は28歳、男性は30代までに転職を考える人が多くみられます。採用する側もこの世代を欲しているわけですから、この間に転職するのは非常に効率がいいことと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2013/01/16 10:16:16

 1990年代後半、日本経済は「バブル崩壊」といわれる時代へと突入し、以前として不況が続いている状態です。バブル崩壊により企業倒産・縮小はもちろんのこと、人件費削減による雇用体系も大きく変化しました。

 

 日本では学業を終えたのち、どこかの企業(自治体なども含む)に所属し勤務するのが一般的で、男性は特に一生涯をかけてその職場で勤務するといった人も多くみられます。そのため就職活動を必死で行う学生が多く、特に大手企業は応募者が殺到するといった事態となっています。就職に強い学部系統として「理系」があげられるのですが、理系の学生たちは電機メーカーなどに就職する人も多くみられます。日本ではパナソニック、ソニー、キャノン、ビクターなど世界各国で人気の家電メーカーも多くみられ、条件も良く、安定性も高いことから人気の就職先としても知られています。それが2012年に大きく一変する事件が起きます。

続きを読む≫ 2012/11/28 11:55:28

トップページ 30代転職の流れ おすすめ転職サイト